『Heartliner Club』ビベロス公園@スペイン・バレンシア

Heartliner April

欧州日通さんの会員誌「Heartliner Club」4月号が届きました。
わたしの記事も、11ページに出てます!

北半球では春の訪れが嬉しい季節。
今回は欧州各国の、木々や花が楽しめる公園や庭園、植物園の特集です。

わたしは、バレンシア市内でとびっきりのくつろぎ空間であると思ってる「ビベロス庭園(Jardín de Viveros)」
(またの名前をレアル公園、Jardines del Real)を取り上げさせてもらいました。

Jardin de viveros

ビベロス庭園は花と緑、空間設計が市内にあるとは思えない規模と美しさです。

ビベロス庭園を含めた、バレンシア市内を取り囲むようにある緑地地帯は、
地元の人が「トゥリア(川の名前)」や「リオ(スペイン語で川のこと)」って呼んでて、
もともと、名前からわかるように川だったんです。

洪水で水が氾濫したことで住居者の安全を確保する目的や、
夏の暑さに集まってくるハエがうっとおしいとか笑、
そんな色々な理由で、地元政府がこの部分の川の埋め立てに踏み切ったと聞きました。

埋めたてとか聞くと、環境破壊の響きがありですが
バレンシアのトゥリアに関しては、政府が舵取りをした大型工事のなかでも
世界的に類を見ない成功を収めたケースなんじゃないかと思います。

今では、市民の憩いの場として機能してる。
川のままで置いとくよりも、住んでる人に豊かな日常生活を送れる環境を整えたんじゃないかと思う。

機会があれば読んでもらえたら嬉しいです!
よろしくお願いします!

というわけで、4月が始まりましたねえ。。。♡
春って気持ちがいいです。

3月はソワソワバタバタしてましたが、
息子がイギリスから無事に帰ってきた翌日に両親が日本から遊びに来てくれて、
一緒に「火祭り」や「闘牛」を満喫しました!

火祭りバレンシア闘牛場火祭りニノット火祭り女性衣装マスクレタ爆竹ショー

両親と日常を共有できるのって、この年齢になるととても貴重で
こういう時間本当に慈しいなあ、大切にしなきゃって毎回思います。

来週はわたしが移動する番で、1人でロンドン。

私がロンドンから戻ったら翌日には相手がアルゼンチンに行くので、
何かしら誰かが移動してるわが家ですが、
どこにいても感度を上げて、地に足をつけていきたいです。

みなさんにも素敵な春を!

<関連記事>
爆竹(mascletà)三昧の日々の始まり

燃やされると知りながら作り続ける張り子@バレンシア火祭り

火祭りの影の主役はPetardo(爆竹)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中