卒園式@スペイン・バレンシア

今週始めは息子のプレスクールの卒園式でした。

Graduacion Blog

Class
なんだかつっこみどころも満載だったのだけど(下記*)
そもそも日本以外の国の多くが
卒園式とか、入学式とかそういう式系がないと聞いてたから
「区切りのイベント」があっただけでも
良しとしよか…!
なんて、おいおい、悟りの境地に近づいてる…?笑)

卒園式は、1人ひとり名前を呼ばれたら
スクリーンにとっておきの写真が写しだされ
子どもは舞台に上がっていく、というもの。

Certificate

みんな露骨に自分の子どもしか見てないのが
最近の親っぽくて笑える(げっ笑えるか?)

でもでも、たくさんの保護者がいる前で
堂々と舞台に上がって表彰状を受け取って写真撮影をして、って
そういう経験がどこでなにに活きるのかとかは置いといて
仕切りとしてはいいんじゃないかなあって思う。

なんで式もどきに「経験が活きるのか」とか考えたかというと
クラスメートの中国人の子どもは
実に1人も来ないの。

卒園式だけじゃなくてファミリーデイとか遠足とか
お泊りとか、そういうイベント系は一切参加しない。

もちろん家族によって違うから
中国出身の方とか一くくりはできないのだけど、
でもどういう考え方で中国系の親は
学校イベントに子どもを参加させないのかなあって考えてしまった。

親がそういうイベントは無駄だと思っているのか
卒園式だと例えば月曜の夕方(夕方5時スタート)で、
働いている時間を優先するから、とか…?
興味が沸いてしまう。

そうそう、つっこみどころといえば、
なんで卒園式を月曜日の夕方にする?
しかもクラス最後の日までまだ2週間あるよ。
先生にお礼を言ったところでまた翌日から普通に授業で会うし。
もうシラケルやないの!

GraduationTickets

しかも、この卒園式チケット。
一家族25ユーロよ、っておい教育<ビジネス?

それに、チビの学校は
スペインでナンバーワンを誇る設備を持ってることで有名でもあるのに、
その誇るべき体育館や舞台施設を使わないで、
わざわざキネポリスという映画館に移動して、卒園式…って!

おいおい、学校でしたらええやん!
…!なんて、つっこみたくなるのはわたしだけじゃないはずやろう?

でもね、それが、わたしだけやったりするから(恐ろしい)…。
淋しい現実わや(笑)。

それに子どもたちが歌う思い出の歌と合わせるために
わざわざ生演奏のバンドを呼んでおきながら
3Dの映画館では音が響き過ぎたようで、歌の発表自体が中止に。
(授業の最終日のパーティーで披露に変更)

とか、もう ア リ エ ヘ ン!すぎてつっこみしまくってたら
感動の涙も乾いたってもんやで。

でもあかんあかん。
もうスパニッシュの判断の良しあしについて
血糖値上げへんって誓ったんやった!

子どもたちだけじゃなくて
ママも「血糖値を上げていた幼少時代」からの卒業を誓った日になったのでした(笑)

うんうん、日本の「人格を育てる」ことを期待する教育スタイルと比べると
スペインの学校での卒園式はどうも「重みない」感じはしたけど
それでも、9月から小学生か、と思うとジワーン。

お疲れさまでしたヽ(^o^)丿(←誰にや?)

卒園式

<関連記事>
5歳2泊3日の林間学校@スペイン・バレンシア

国際バカロレア(IB)認定校になったので説明会行ってきました@スペイン・バレンシア

プレスクール、クリスマスフェスティバル@スペイン・バレンシア

広告

卒園式@スペイン・バレンシア」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: 『Heartliner Club』2月号バレンシア郊外特集、バレンシアのいいところを見つめてみる | 世界が拠点な生き方☆世界が拠点な子育て

  2. ピンバック: 娘のGraduación(卒園式)@スペイン・バレンシア | 世界が拠点な生き方☆世界が拠点な子育て

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中