「ちゃぐりん」お金をかせぐってどういうこと?スペインでは子どもにどう教えているか?

日本ではいったい何歳くらいからお年玉ってあげ始めるのでしょう?
やっぱり産まれて初めてに経験するニューイヤーから?

キリスト系の国に住んでいると(という言い訳も入れて)
どうも年末はクリスマスに押されてしまって
「お正月」に関わることが手薄になりがちです。

羽子板などは昨年のお正月に母とイギリスで会ったときに持って来てくれたので
一応揃ったとして。

年越しそば?→それはこちらで!

おせち料理も結局作らずで…

でもまあ焦らず、でも毎年(一つずつ)子どもたちに日本のお正月のことを伝えて行こうと思い、
今年から息子(5歳)にお年玉をあげ始めました。

そもそも「お年玉」自体知らないので、
「ぽち袋」とか、色々説明する。

のだけど、そもそも「なんで日本ではプレゼントあげんとお金なん?」という
(そりゃそう疑問に思うわなという)質問に始まって、

「もともとはお正月の間飾ってたお餅を(開いて=割って)おすそ分けしてて
それが今はお年玉になってるねん」とがんばる母にも、

「なんでお餅って開くん?」
などなど、質問の嵐。

お年玉をあげることを機に、
この先に始まる(お小遣い)に備えて
お金を管理することも始めたらいいわ、と思ったけど
そもそもお年玉の意味を理解したか息子?

そういえば、去年の夏に雑誌「ちゃぐりん」さんの
「お金を稼ぐってどういうこと?」というテーマの取材で
スペインの親は子供にお金の稼ぎ方、使い方をどう教えているか、
ということをインタビューしたのでした。

ちゃぐりん 表紙お金を稼ぐ 記事

インタビューのなかでは、平均的にお小遣いを上げはじめる年齢は
7~8歳が多くて、
金額は頻度(週、月)などは家庭によりけり、でした。

お金の管理を教える身近なこととして、
ATMや銀行行く時は子どもも連れて行く、とか
学校のバザーや宝くじ売りをして
お金を稼ぐこと(の大変さ)を知ったらいいとか...

聞いてる限りは、そんなにしっかり親が子供にお金について教えているんだったら、
スペインの子どもたちは
どれほどしっかりとした金銭感覚を身につけんねん~!と
おののいてしまったけれど、
まあ理論と実践は異なることもあるのかもしれないです(^_-)。

来年はまた何かひとつ、日本のお正月を子どもに伝えることをしたいです!

<関連記事>
雑誌「ちゃぐりん」-世界の遊び大集合

授業の前に瞑想の時間があるブータンの学校

仕事でしてることが誰かに喜んでもらえる嬉しさ@ちゃぐりん:はてな発見ブック

はてな?はっけんブック&やさい畑

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中