手作り(すぎる)アドベントカレンダー@スペイン・バレンシア

今朝起きて息子の一言。

「今日から12月やで。今年のアドベントカレンダーどこなん?」
…って、そんなもの忘れてたわ!

だいたいママが子どもの頃なんてアドベントカレンダーなんてもの
してへんねんから!

とはいえ、去年すっかりアドベントカレンダーの魅力を知ってしまった息子
今年もやる気マンマンやないの。

スペインにもスーパーでアドベントカレンダーが売っているのだけど
中に入っているチョコレートがびっくりするほどおいしくない。

売ってそうな店舗を知らないから、アマゾン(スペイン)で買おうと見たけど
案外売ってないのよね。

こうなったら、元々アドベントカレンダーなるものを
わが息子に紹介したイギリスの義兄にスカイプ。

「去年送ってくれた、ウォーリーを探せのアドベントカレンダーを
今すぐ送って」って、
どんなけエラソー?

数時間後電話がかかってきて、ウォーリーのはSOLD OUTしてるから、
別のでもいいか?って
もうしょうがないから←おい!
それでええよ。

でも、イギリスから郵送が届くには数日かかる。
今日12月はもう始まってしまった。

息子聞いてくる。
「マミー、家にチョコレートあるか?」って。

何かと思えば、アドベントカレンダー作りが始まったのでした。
堂々とスイーツが食べられるとなると、
なんかすっごい力とかアイデアを発揮してくるから
子どもって(わたしもやけど)すごい。

出来上がり。
アドベントカレンダー

チョコレートやらグミやらラムネやら家にあるお菓子を集めて
紙で包んで息子が数字やらお題を書いた。
それをセロテープでわたしが貼ってあげる。

一応、サイトで見たらこんな風にトイレットロール使って
かわいいサンタクロースのアドベントカレンダーが簡単に作れるようなので

センスのよい人は参考に!
うん、こっちがかわいい。

風船

息子が決めたルール。
毎朝、マミーがなぞなぞを出してきて、答え言ったらチョコレート食べれるねん。

……わかったよ。

坊主はバレンシア日本人子ども会の先生が教えてくれて以来、
今なぞなぞにはまってるのです。

しょうがないから、日本から持ってきた「キティのなぞなぞランド」なるものを
持ち出しなぞなぞを出す。

日本でいちばん甘いお寺なーに?

…て、なに?
答え、カステラ。

朝飲んでも夜飲んだことになるお茶なーに?

なにさ?
答え、番茶。

って、ちょっとこのなぞなぞは5歳には渋すぎるわ!

ってなことで、レベル下げて
今日お昼に食べた黄色の食べ物なあに?

答え、コーン。
てなことで、チョコレートゲット。

ってこれ なぞなぞになってない?

っていうかそもそもアドベントカレンダーの使い方
間違ってるって?

アタリ。

<関連記事>
アドベントカレンダー(Advent calendar)の効用

・家飲みなのに体力勝負?(朝日新聞デジタル「世界のウチ」拙筆より)

何もないから遊びを作る(朝日新聞デジタル「世界のウチ」拙筆より)

眠らない街、困らない街 ブエノスアイレス

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中