「枠(モデル)」を作ってあげるだけで「好き」がビジネスになる例。

珍しく雨のバレンシアです。

週末はイギリスから義兄も来てくれてて、私たちも再びザ・ツーリストしてます(笑)。

この数週間は日ごとに迫った締め切りこなしながら、風邪引いて喉もつぶれてきたし、今抱えてる仕事ひと段落したら目の前に迫る事は一切しない1週間をとろうかなーと思ってる今日この頃(うううっ)。。。

最近何か(いわゆるビジネス)をしたいんだけど・・・てな相談をよく受けるので、ちょっとヒントになればと、ビジネスモデル作っていくときにヒントになるかもしれないモデルを紹介します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

一つ目は、Child`s Own Studio 

このサイト、子どもが書いた絵をぬいぐるみにしてくれるサービスなんだけど、裁縫上手な友人たちに教えてあげたいなーって思って見てました。

今って既成品がすごく安くてかわいいものいっぱいあるから、「ハンドメイド」だけじゃビジネスになりにくいと思うんです。

このhttp://childsown.com/の目の付けどころの上手なのは、「その子が書いた、その時(だけ)の思い出」を こんなかわいい(ぬいぐるみの)形で残しますよ、というのに ハンドメイドを組み合わせて、 オンリーワン を提供してるところ。

 

このオンリーワンは、その絵を書いた子ども(とそれを見て喜ぶ私のような親バカな両親)という「貴方だけの」という意味でもオンリーだし、独創性溢れる子ども時代、つまり「限られた時期」をつかんでて時間軸でも(その時だけ)とオンリーだし。

 

子どもの写真を夢中で撮ってしまうのは、その時期って今しかないから、という大人が大人を撮るのとは違った時間的限定ゆえにシャッターを切り過ぎてしまう心理があると思うんだけど、このサービスも毎日変わっていく子どものその時期に書いたものを形で残せる、という点で 現代の親心ついたサービスだなーと思いました。

裁縫うまくて、でも今ママしてるし外で仕事はしたくないし、という人何人も知ってるので彼女たちに教えてあげたいなーと思って見てました。

今自分の子どもにやってることにプラスアルファーしてできて、自分の「好き」を活かして喜ばれるサービスを提供できる素敵なサークルが作れるいい例だなあと思った。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

二つ目は、FindJPN。日本に来る外国人観光客に 観光以上のジャパン体験を提供するサービスで、私がガイジンだったらこういうサービス超ウェルカムというもの。

FindJPNで提供してるサービスって、自分的には資本ぜんぜんいらなくって、日本人なら特別むづかしくないこと(でも外国人旅行者には知り合いとかいないと体験しにくいよね)という項目を集めてるの。

 

家庭に呼んで手作りの家庭料理ふるまったり、盆栽作りのレッスンしたり、地元ならではが知ってるラーメン屋うどんの店一緒に食べにいこうぜ、とかいう感じでインサイドジャパンを生で体験してってね、というもの。

 

上手だなーって思ったのは、習字レッスンして(自分の名前とか好きな言葉を書道して)しかもそれが自分にも大事な人へのお土産にもできるし。これもオンリーワンの経験を提供できてオンリーワンを持って帰ってもらえる点で最近の旅行者心理ついてて上手。

ネット上手に使ってて、おもしろいから話題性アリでメディアに取り上げられて宣伝勝手にクチコミなるし、スタートアップの資本なんて限られたもの(サイト作るとか、登録者集める労力とか)だし、ナイスなアイデアで持ってるちょっとを大きくする興味深い例。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

3つ目は、ブエノスアイレスでは今大流行のクローズドレストラン(Puerta Cerrada)。 これ夏に英国行ったときにも「Pop Up Restaurant」という名前で同じようなサービスを見た! 大都市での世界的な流行りになってきてるのかも。。

 

要はお店は構えずに、 予約オンリーでお客をとって、週末など限られた日オンリーでレストランするレストラン。

 

料理上手で社交性ばっちりな友人たちの顔思い浮かべながら書いてる。

クローズドレストランって、レストランとはいっても、多くが自宅でするの。

自宅に限られた人数(10人~15人が一般的)を受け入れて金曜と土曜の夜だけセットメニュー提供するよ、というもの。

 

コリアンアメリカンでNYでシェフしてた友人はブエノスアイレスで(旦那がアルゼンチン人なのでブエノスアイレス住むことなった)アジアンフードのフュージョンを自宅で Cocina Sunae として提供してClosed Restraunt開いてるし、メキシコ出身の友人は週日だけ オフィス街へのメキシコ料理デリバリーを一日30食限定でしてる。

 

って、これも料理が好きで上手で評判良くて、っていう人たちが、それを形式化してビジネスに持っていった例。海外にいるなら日本食とか(プラスして日本食クッキングも加えて参加型にしてもおもしろい)いいだろうし、日本にいても、煮物とかちゃんとした日本料理できない人最近では珍しくないだろうから、レッスン含めて自宅で、とかも悪くないかも。もちろんマクロビみたいなテーマ性でもいい。

Cocina Sunaeしてる友人なんかマーケティングはフェイスブックだけであとは口コミ。でエキスパットを狙ったのがよかった(特にアメリカ人。だからクオリティー空間を提供することで値段も高く設定できたし、ブエノスアイレスってあんなに大都市なのに多国籍料理が少ないニッチを狙えたのも花丸) 最近ではCNNにも取り上げられてたしね。

てなことで、それぞれ ちょっと をテコしてビジネスに持っていった例。

今の毎日のなかで好きな事で仕事作っていきたいけど、とか思ってる友人とかいたら、参考になりそうだったら教えてあげてください。。。

「仕事は作っていくもの」でもある素敵な例だなーって思って上記のビジネスモデル眺めてました。

 

 

「枠(モデル)」を作ってあげるだけで「好き」がビジネスになる例。」への3件のフィードバック

  1. ピンバック: 裁縫が得意なママの起業!子どもの落書きがぬいぐるみに大変身! | 世界が拠点な生き方☆世界が拠点な子育て

  2. ピンバック: 一緒にお仕事しませんか?@日本・世界各地のみなさん | 世界が拠点な生き方☆世界が拠点な子育て

  3. ピンバック: 「個」と「組織」の、強くて新しい結びつきかた-「My Desk and Team」さんに紹介いただいた記事 | 世界が拠点な生き方☆世界が拠点な子育て

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中