イギリスの家族に会いに行く。

楽しく気がつけばあっという間だった日本滞在にもエンディングがきて、今はイギリスの家族に会いに来ています。
いつもながら子どもを連れてのフライトは大変でないことはない(大変)なことも多々あるのですが、本当にありがたくも他の人の親切に大いに助けられて、親子そろってとてもいいコンディションでイギリスに到着しました。
朔太郎(1歳1ヶ月半)は4か月過ぎに初フライトで日本からニューヨークを経由して直接ブエノスアイレスに戻り、6~7カ月にアルゼンチンからイギリスに行き、10か月も終わりになろうとするときにまたアルゼンチンから日本へのフライトを経験しています。
月齢によってその時々に大変なことが見事に変わるのがこの月齢の特徴ですが、どちらにしてもこういうのがしばらくは続くのだから、そろそろ子どもを連れてのフライトをエンジョイできる余裕を持ちたい、と思って臨んだのが今回のフライト。
大阪から成田空港へ行き、そこからはロンドンのヒースロー空港へひとっとび、ということで、それまでにしてきた地球の反対側を飛んでいたフライトに比べればフィジカルに楽だったこともあり、今回初めて子どもを連れてながらも自分も楽しめたフライトになった感ありでした。
イギリスは小雨降ったり曇り続いたり。でも驚くことに今回は日本にいたときが寒すぎたので、生まれて初めてイギリスの冬がマイルドに感じるほど。
☆イギリスの家では下の写真のように暖炉がまだ日常に使われています。味わいあるよね。炎を見ていているとかなり癒されましたよ。
子育て イギリス ペット 
写真のワンちゃんは、相手の父宅で飼っている犬のピックル。ものすごいお利口なワンちゃんで赤ちゃんをびびらさないベイビーフレンドリーな犬。朔太郎も興味津津で近づいていっては顔をなめられながらもしばらくすると「なぜなぜ」ができるほどになりました(超かわいい!!と親ばか;-)☆
☆伯父のガイがたくさんプレゼントを用意しててくれました。そのどれもがガイの性格まるまるでていてユーモアたっぷり。朔太郎がきているT-シャツもその一つで「ピー(おしっこちゃん)&プー(うんちくん)」のイラスト入り(笑)。おいおい、なんだこれ。モデルがハンサムだからいいけど・・・、とは個人的なつっこみ(ハハハ)。
子育て トイレトレーニンググッズ
二人がかぶっている帽子も笑けるでしょ?ガイも帽子についているひもを引っ張ると頭の上からサンタが出てくる仕組みなのです。朔太郎のは赤毛のサク。
子育て イギリス ペット 暖炉
☆イギリスでいいなあと思うことは生活のなかに何世代も前の自分の家族を感じること。このリビングの肖像画は朔太郎のひいひいひいひいおじいさん。
子育て イギリス 肖像画 世代
ひいひいおじいさん+おばあさんやつながっている家族のモノクロ写真などが家のあちこちにあるから、なんとなく命のつながりみたいなものを感じる。せいぜいひいおじじひいおばばの名前くらいしか知らない私には、こういうのはけっこう新鮮です。
☆神聖な教会でこんなに大声で笑いあってていいのかよ、と思うくらいガイと朔太郎は笑ってました。
子育て イギリス
☆1歳を過ぎて気がつく多々の変化のなかで、ほーとびっくりして成長を感じるのが「気がついたら寝ていた」場面が出てきたこと。
この日も一人でご機嫌さんに遊んでいたのですが、しばらくして声が聞こえなかったので見に行くとベットに横たわって寝てました。こういう自分で勝手に眠りに落ちるなんてちょっと前まではなかったです。
子育て イギリス
☆イギリスに初めて行ったのは、大学時代にドイツでインターンシップをしていた時、22歳?くらいでした。その時は(ロンドンがメインだったこともあって)なんてグルーミーなスカイ&ピープルだ、と特別お気に入りにはならなかった国ですが、人生の縁って不思議ですね。今では大切な家族がいる国になっています。
子育て イギリス 暖炉

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中